おまえがきめろ -広島東洋カープファンブログ-

かつて広島に住み、広島市民球場、暗黒時代を知るカープファンのブログ

大瀬良「頑張ろう 広島」 豪雨被害のファン、被災者に恩返し誓った(デイリースポーツ)


f:id:momokuri777:20180710223615j:plain

広島に甚大な被害を及ぼしている西日本豪雨。

そんな中、大瀬良が被害を受けた広島のファン、被災者へ恩返しを誓った。

 

 「もちろん、心が痛いですし。簡単に言葉にできないですね…。野球選手として、今できることをしっかりやっていきたいです」

 時折、言葉に詰まりながらも、率直な思いを口にした。今回の豪雨を受けて長崎の実家は「大丈夫でした」という。広島に住む知人らにも連絡を取り、幸い無事を確認できたが、「いろいろ不自由が出ているみたいです」と被害の大きさを痛感した。

 複雑な心境の中、この日はマツダスタジアムを訪れ、室内で治療に専念した。「この時期にこれだけのイニングを投げたことはないので、多少疲労はあると思う」。前半戦はリーグ一番乗りの2桁勝利をマークするなど、15試合の登板で10勝4敗、防御率2・55。先発ローテの大黒柱として奮闘し、首位ターンしたチームを支えた。

 「一生懸命、やった結果なので。何とか頑張れたところです。満足はしていないです。後半戦は大事な試合が多くなるし、チームに貢献していきたい」

 今後は初出場するオールスターの14日・第2戦(熊本)登板を挟んで、後半戦本拠地初戦の20日・巨人戦に先発する予定だ。豪雨被害に配慮して、9日からの阪神3連戦は中止に。マツダスタジアムでの試合が再開される見込みの20日は、特別な一戦となる。

 「普段すごく球場に足を運んで応援してもらっている。僕らにできることは一生懸命やって、試合に向かっていくこと。そういう姿をみんなに見せていきたいと思います」

 

カープはもともと、「戦争で傷ついた広島の人たちを勇気づけたい」という思いから、広島の街の復興のシンボルとして発足した。

 

野球に熱狂することで、少しでもつらい思いを忘れることができれば。

その存在意義は、今も昔も変わらない。

 

カープが試合をするだけで、広島の人たちの励みになるのは間違いない。

20日の試合は、大雨後初の地元での試合。

まさに特別な一戦になる。

 

これをきっかけにまた、選手とファンとの間に一層絆が深まっていくと信じている。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ