おまえがきめろ -広島東洋カープファンブログ-

かつて広島に住み、広島市民球場、暗黒時代を知るカープファンのブログ

【2017年振り返り】なぜCSファイナルステージで負けたのか


今年もリーグ優勝したとはいえ、日本一には届かなかった。

それ以前に、CSでその道が閉ざされてしまった。

 

今年もあと少しで終わりということで、2017年を振り返ってみようと思う。

 

今年CSで勝てなかった原因を、あっしなりに分析してみた。

 

いろいろ思うのだが、これが1番かなと思うのは「王者のイメージがない」ということだ。

 

カープは確かに強い。

しかしホークスと比べると、ちょっと勝てそうにないな、と思ってしまう。

こう思ってしまうのはなぜなのか。

 

一言で言うと、カープは監督含めて、みんなががむしゃらに戦っている。

一方ホークスは、余裕を持って落ち着いて戦っている。

そういうイメージだ。

 

カープは長年低迷していて、必死に頑張った結果がいまやっとついてきている時期にある。

ホークスも一時期そういうときがあったが、近年は優勝候補に毎年あがるような常勝集団のイメージになっている。

 

同じ勝ちでも、余裕を持って狙って勝つのか、余裕なくがむしゃらにやって勝つのか。

この差は、選手にとってもファンにとっても大きい気がする。

 

そういう意味だと、DeNAも近年は結果が出てきているチームだ。

決してチームの力が十分とはいえないが、ハマると恐い。ハマだけに。

 

カープとDeNAのシーズンの対戦成績は、去年も今年も、ほぼ五分。

タイプも一緒だし、対戦したらどうなるかわからないというのがあっしの感覚だ。

結果的に、去年のCSは勝ったけど、今年は負けた。

優勝したのに負けたからと言って、特別驚くことはなかった。

 

しかし、CSを勝ち上がったDeNAは、日本シリーズでホークスに負けた。

勢いのあるDeNAでもホークスに勝てなかった。

 

DeNAは3連敗でホークスに王手をかけられたが、地元横浜で2連勝し、意地を見せた。

もしかしたら、と思わせるほどの盛り上がりを一時期は見せた。

しかしやはり、勢いだけで勝つほど甘くないなと思った。

ただただ、ホークスの強さを示した2017シーズンとなった。

 

来年、日本一になれるかどうかは、いかに王者として余裕を持った戦い方ができるか、だと思う。

2連覇はした、それはよい。

うれしかったし、幸せな2年だった。

ただこれからはセリーグ王者の自覚を持って、結果的に勝つのではなく、ここぞという試合に勝っていく。

時には、力でねじ伏せる。

そういう戦い方をしていくことも必要だと思う。

 

王者として、来年は一皮むけること。

具体的な目標として、DeNAに圧勝してほしい。今年の巨人にそうしたように。

あっしはここに注目したいと思ってる。

 

緒方政権も来年4年目。

キャリアも順調に積み上げてきているので、来年は貫禄のある采配を期待したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ